テーマ:ケース紹介(国内)

【秩父市】埼玉県でSCについて報告

秩父市は、3月26日に埼玉県共助社会づくり課が主催する「彩の国コミュニティ協議会企画委員会」で、県内市町村コミュニティ担当、埼玉県各地域振興センター職員の約70名を対象に、SCについて事例報告をしました。 今回の事例発表は、秩父市のSC推進事業が、先進的な共助社会づくりのための取組みであるということで、助成金をいただいており、その…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【北本市】外傷サーベイランス委員会

3月25日、北本市では外傷サーベイランス委員会が開催されました。 まず、この2月に市内で外科・整形外科を標ぼうしている医療機関(10か所)および柔道整復施術所(3か所)を対象に実施した「けがや事故等に関するアンケート調査」の結果について事務局から報告がありました。 また、調査後に調査にご協力いただいた医療機関に対するアンケートを…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【甲賀市】5月に向けて取組を推進中

3月24日午前、甲賀市長と面談し,SCを通したまちづくりのビジョンをお聞かせいただくきました。 市長は、「(ご自分がSC導入を決意した以上)しっかりと取組を地域に根付かせ、展開される責任を感じています!」とSC推進に対する強い意志を示されました。 午後からは、サーベイランス委員会(第3回)と対策委員会事務局の調整会議(第5回)が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【箕輪】SC認証日を安全安心の日に

3月17日、箕輪町は、3月町議会定例会で、箕輪町がSCとして認証された5月12日(2012年)を「箕輪町安全安心の日」とすることを宣言しました。 「安全安心の日」の制定は、昨年12月の町議会一般質問での提案をうけ、SC推進協議会で検討を開始し、「理念を再認識し、全町内への普及啓発には必要」との考えで一致し、実現に至りました。 今後は…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【鹿児島市】正式にセーフコミュニティ活動が始まります

これまで入念に準備を進めておられた鹿児島市さんが、2013年1月に「セーフコミュニティ取り組み宣言」を行い、セーフコミュニティ協働センターに「これからセーフコミュニティ活動を通して安全なまちづくりを推進する旨」の書簡を送られました。 当日は、当機構の白石が市長の宣言に立ち会い、書簡をお預かりしました。 メディアからも積極的な質問…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【甲賀市】第一回SC推進協議会を開催しました

2012年12月21日、滋賀県甲賀市で第1回SC推進協議会が開催されました。 第一回ということで、委員の委嘱、甲賀市におけるSCに関する説明がなされました。その後、SC推進機構から「セーフコミュニティにおける推進協議会の役割」についてご説明しました。 約1時間という長い時間のお話しのため、退屈されたのではないか・・・と思った…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【北本市】対策委員会でワークショップを開催しました

北本市は、2012年12月19日と20日に6対策委員会をそれぞれ5-7人のグループに分けて、ワークショップを開催しました。 地域の安全診断の結果に基づいて、「交通安全」「災害時の安全」「高齢者安全」「子どもの安全」「自殺対策」「防犯」について対策委員会が設置されています。 今回は、前回の「セーフコミュニティ」に関する勉強会に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【久留米市】SC推進協議会を開催しました

久留米市は、8月1日にセーフコミュニティ推進協議会を開催しました。 今回は、これまでの対策委員会の活動経過の報告、10月に予定されている海外の専門家による視察(中間審査)の実施についての説明、今後のスケジュールなどの報告をされました。 久留米市の推進協議会は活発で、必ず委員会から質問や意見が出されます。 ときに、事務局がお…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【甲賀市】SC取組宣言をしました

7月20日、滋賀県甲賀市がセーフコミュニティ取組宣言をしました。 甲賀市は、滋賀県の南部に位置し、三重県や京都府と接する人口約95000人の緑豊かなまちです。 滋賀県でSCに取り組む初めてのコミュニティとなります。 以前から、安全向上に対する取組については、全庁的に進めてこられましたが、さらに包括的・分野横断的に取り組むべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【豊島区】台湾セーフコミュニティ視察

2012年7月13~15日、豊島区とともに台湾のセーフコミュニティを視察しました。 今回視察に参加されたのは、区長をはじめ区の職員だけでなく、地域で積極的に活動されている区民広場の代表の方たちです。 今年は雨が少なく、いつもより暑いくらいの気候のなか、到着早々台北市文山区に向かいました。 この文山区は、台北市の南側に位置し、住…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【久留米】 久留米市の学校安全対策委員会

平成24年6月14日の夜、久留米市の学校安全対策委員会へオブザーバーとして参加してきました。 今回が第1回でしたので、「今後の進め方」を中心に話し合いが進められました。 この委員会の特徴は、元から活動をしている青少年育成協議会を母体にして構成されており、このモデル地区となる校区には、1小学校、1中学校、1高校、1大学があり、それぞれ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JISC】今年・来年に申請予定のコミュニティ対象に研修会を行いました

5月25日(金)に、今年、来年にSC認証(再認証)の申請を予定しているコミュニティの研修会を実施しました。 本来なら、多くの方に参加いただけるとよかったのですが、JISCの会議スペースは、頑張っても12人が限度です・・・(涙)。なので、まずは、近いうちに申請をするコミュニティを対象に行いました。 今回は、初めて新しい認証の仕組み…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【箕輪町】亀岡市からSCの継続的な取組について学びました

箕輪町は、4月12日に亀岡市のSCご担当者をお招きして、SC認証後にどのように活動を展開してきたのか、再認証に向けての取り組み状況について講和をいただきました。 亀岡市さんは、今年度は再認証に向けて準備の真っ最中です。 これまでの経緯、そして今後の展望について、「協働」そして「新たな公共」という視点からセーフコミュニティをこれか…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】交通安全の取組に参加してきました

4月10日、小諸市では交通安全対策委員会の取り組みの一環として、「小諸ナイトセーフティ作戦」を行いました。これは、高齢者の交通事故が多いことから高齢者を対象に夜の外出時の安全をいかに確保することがでっきるかを学んでいただくために開催されました。 真っ暗ななか、広い駐車場に集合し、警察の方からいかに夜道では歩行者が見えにくいかをドラ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【厚木市】セーフコミュニティの啓発看板

厚木市さんから情報提供をいただきました。 厚木では、この度より多くの方に厚木市がセーフコミュニティ認証としてあること、そしてセーフコミュニティ活動そのものを知っていただくため、啓発看板を作成し、市庁舎の玄関に設置されました。 また、市内の公民館15か所にも、セーフコミュニティのロゴを掲示されました。 セーフコミ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【北本市】セーフコミュニティ取組宣言をしました

埼玉県北本市では、1月27日(金)にセーフコミュニティ取組宣言を行いました。 まず、市長が北本市の背景を説明した後、セーフコミュニティを導入する意義と導入による期待を説明されたのち、取組着手の宣言を行いました。 その後、私からセーフコミュニティの概要についてご説明させていただきました。 ご出席されていた地域の方たちのな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【静岡市】新たな一歩が始まります

今年から、新たに静岡市がセーフコミュニティに取り組みます。 昨年、ご担当者からお問い合わせをいただき、SCについてご説明差し上げました。 その後、静岡市にお伺いして市長、議員、市職員のみなさまにSCについてお話させていただきました。 講話の後には、市長さまとお話するお時間をとってくださいましたので、市としてのお考えをお聞かせいただ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】既存のデータを生かしたサーベイランスの仕組み

小諸市では、この1月から警察・消防・地元病院のデータを一元化させ、セーフコミュニティの取り組みに活用する仕組みを始めました。 日本では、医療機関の置かれている状況が厳しいこともあり、新たに外傷データを収集する仕組みを立ち上げ、継続させていくことが難しい状況にあります。そのようななか、警察や消防のデータ、そして住民アンケート等の方法…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】SCラッピングカー

12月26日に小諸市で勉強会を開催しました。 来年にはいると、認証申請にかかる仕組みが変わる部分があるため、来年以降かつ新しい仕組みのなかで申請を受ける可能性が高い小諸市さんが調整してくださいました。 (今回、お声かけできなかった、あるいはご参加いただけなかった自治体については、来年に入ってから随時開催しますので、ご心配は無用で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【厚木市】セーフコミュニティ・セーフスクール認証1周年記念

11月17日、厚木市でセーフコミュニティ・セーフスクール認証1周年の記念大会が開催されました。 早いもので、認証はつい昨日のように感じるのに、もう1年が経とうとしています。 当日は、大きな会場でしたが、あふれるほどの方が来られたとか・・・。 厚木市さんは、日本のセーフコミュニティの普及にとても力を注いでくださっています。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】 外傷調査委員会と対策委員会に出席しました

11月21日の朝から外傷調査委員会が予定されていたため、20日の夜から小諸に行ってきました。 小諸駅に降りると、暖かかった関西とは違って、すでに冬の冷たい空気にびっくりでした。 そして駅前には大きなイルミネーションがあり、「もしかして、間もなくクリスマス?」と、ようやく冬が近づいていると実感しました。 翌21日は、外傷調査委員…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【箕輪町】モデル地区での取り組み

10月24日、25日と久しぶりに箕輪町に行ってきました!7月に対策委員会が開催されて以来で、気が付けば約3か月。時間がたつのは早いです。 その間、対策委員会の事務局(行政の各担当課のみなさん)は、なんども集まって議論されました。その成果が、「取組の整理表」となって表れていました。 これをみると、各対策委員会が何を課題とし、ど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【ISS】豊島区朋有フェスティバルに招待いただきました

韓国のセーフスクールの取り組みを見せていただき帰国してすぐに、東京都豊島区でセーフスクールの取組について見せていただく機会をいただきました。 10月20日(金)の朝10:30からセーフスクールに取り組んでいる朋有小学校で、「朋有フェスティバル」が開催され、私もご招待いただきました。 当日は、全校児童が体育館に集まり、学年ごと…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【子供の安全】自転車事故とヘルメット

本日のNHKテレビで自転車事故に関する埼玉医科大学の調査結果を伝えていました。 《以下、ウェブサイトから転記》 自転車に乗っていて事故に遭い、病院で診察を受けた中学生までの子どもの6割が頭部にけがをし、このうち、重症を負った子どもは全員がヘルメットをかぶっていなかったことが、埼玉医科大学の研究グループの調べで分かりました。調…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【久留米市】庁内推進本部会議が開催されました

8月10日、久留米市では庁内推進本部会議が開催されました。 久留米市にお伺いしたのは、ちょうど昨年の帰省の時期でした。 久留米市がSCに取り組むことを決めたのは、現市長が着任後まもなく(2010年2月)、豊島区がSCに取り組むことを正式に表明されたことがきっかけだそうです。 それから約1年の準備と研究を経て、この7月に正式…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】 ドカンショ祭りでセーフコミュニティをPR

8月6日(土)は、小諸市で「ドカンショ祭り」が開催されました。 今年は、をSC担当者と庁内サポーターのみなさんが、長野県自動車販売店協会から寄付いただいたオレンジ色のセーフコミュニティベストを着て、「セーフコミュニティ」うちわを配ってPR。 ところが、ちょうどお祭りの時間に合わせて「これでもかっ!!!」というほどの大雨が降り…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【小諸市】セーフコミュニティ啓発うちわを作成しました

小諸市では、セーフコミュニティ活動を啓発するため、この季節らしい「うちわ」を作成しました。 当初は、バッジなどを考えていたそうですが、小諸市職員有志で構成している「セーフコミュニティサポートチーム」の意見により、うちわになったそうです。 このうちわは500部作成され、これからのイベントなどで配布されるそうです。 小諸で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【鈴鹿市】 セーフコミュニティのお話をさせていただきました

本日、7月28日、鈴鹿市に招かれて、セーフコミュニティについてお話をしてまいりました。 5月1日に着任した新たな市長(私と同年代の女性です)をはじめ約20人ほどの部長級の職員の方を前に、セーフコミュニティの概要を説明させていただきました。 説明の後の質疑応答では、 ①認証にかかわる費用 ②認証のメリット ③なぜ、日本で…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【松原市】第一回SC推進協議会

7月25日、松原市において第一回SC推進協議会が開催されました。 本推進協議会は、会長である市長のほか、阪南大学の学長はじめ医師会長、連合自治会長、赤十字など松原市を代表する各種団体の長など38人で構成されています。 第一回目は、委員委嘱に続いて、日本セーフコミュニティ推進機構(SC支援センター)の白石がセーフコミュニティについて説…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【JISC】 第6回アジア地域セーフコミュニティ会議に向けた協議を行いました

箕輪町、豊島区、小諸市が認証申請を予定している2012年は、アジア地区セーフコミュニティ会議の開催年です。SC認証を目指すコミュニティは、認証式典に際しては、国際的なイベントを企画することが強く推奨されています。 そこで、この3自治体は、6つの指標のうち「指標6」に該当することもあり、また、アジアSCネットワークからの期待を受けて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more