【小諸市】交通安全の取組に参加してきました

4月10日、小諸市では交通安全対策委員会の取り組みの一環として、「小諸ナイトセーフティ作戦」を行いました。これは、高齢者の交通事故が多いことから高齢者を対象に夜の外出時の安全をいかに確保することがでっきるかを学んでいただくために開催されました。

真っ暗ななか、広い駐車場に集合し、警察の方からいかに夜道では歩行者が見えにくいかをドライバーと歩行者の両方の立場から紹介していただきました。

画像


まず、真っ暗ななかでどんな色が見えやすくて、どんな色が見えにくいのかをみせていただきました。
下の写真では、実は6つの色が並んでいるのですが実際に見えるのは、左から3つだけです・・・緑、青、黒は醜いというか・・ほとんど見えないんです。ここまで見えないとは知りませんでした。

画像



そのあとは、最近、割と見かけるようになった反射材がどれだけ見えるか、どこにつけていたら見えるか、を実際に比べました。

カバン、腕、足、胴体(タスキをかける)・・と比べたのですが、車のヘッドライトがうまく当たらないとひかりません。一番目立ったのは足元だったのは当然といえばそうなのですが、やはりびっくりしました。

参加された方たちは約100人。お昼間は春のようだったのに、この時間になると冬に戻ったような寒さと風でした。そのなかで、みなさん有意義な時間となったようです。

この後、駅前までパレードして交通安全をアピールして解散しました。

情報提供も大切ですが、こうやって実際に体験すると身をもって学ぶことができます。




ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック