【ISS】清水小学校でセーフスクールの勉強会を行いました

5月10日に、厚木市清水小学校において、セーフスクールについてお話させていただきました。

清水小学校は、学校を核とした「しみずっこすこやかネットワーク」という地域住民や学校が連携で運営してきた見守りネットワークがセーフコミュニティのモデルプログラムとして活動をしていたため、「セーフスクール」としての実績は少ないようにみえるかもしれませんが、その前からセーフコミュニティ活動の一環として活動が展開されています。

とはいえ、「セーフスクール」そのものについて具体的に先生方にお話しするのは、今回が初めてでした。

話し始めると「あれも」「これも」お話しなくては!!!ということでどんどん時間が過ぎて行きました。

それに加えて、5時までとお伺いしていたので、時間いっぱいお話したところ、4時半くらいからは別のお打ち合わせのご予定だったようで、大幅に時間オーバーしてしまいました。

とはいえ、お忙しい先生方にこれだけ時間をとっていただく機会もそれほどないとおもいますから、しっかりとお伝えすべきことをお伝えできてよかったです。

清水小学校には、セーフコミュニティのワークショップをしたときから含めるともう何度もお伺いしているのですが、とくにここ数回は、お伺いしてアドバイス差し上げると、次にお伺いしたときにはすべて実践されているのですから、その実践力には脱帽です。

しかも、児童が主体的に取り組むような仕組みを工夫されています。

たとえば、「前回お伺いした際に廊下に設置されている棚や教室の黒板の下端のチョークの粉を受ける部分が角がとがっていて、子供さんには危険ですね、他の国ではこんな工夫がされていますよ」とお伝えしたところ、今回お伺いした際には、すでに子どもたちが自分たちの目線で危険な個所を見つける取り組みを企画されていました。

この調子で進んでいけば、どんどん安全な学校になり、子どもたちもどんどん「安全力」をつけていかれるのではないでしょうか。

楽しみです。

勉強会の後は、懇親会でした。

清水小学校の先生、厚木市のご担当者、そして視察に来られた豊島区のSCご担当者・・・と15人前後でワイワイとお話をしているうちにあっというまに時間が過ぎてしまいました。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック