亀岡市 SC現地審査

 アップが少しおくれましたが、9月21日、22日と亀岡市でSC認証にかかる現地審査がありました。

 こられたのは、韓国の認証センターのC教授と、スウェーデンのWHO CSP 協働センターのS教授です。主に審査されるのは、やはりアジア担当のC教授でS教授は「私は付き添いに徹するからね!」といっていたのですが・・・・・。
 実際にお二人でいろいろと見て回れると・・・・・ついついS教授が「質問してもよいか?」ということに。でも、C教授に気を遣われてか「で、Cはどう思うのか?」と投げかけられるのですが、C教授も心得たもので、S教授がいたずらっぽく笑いながら問いかけると、ユーモアたっぷりに「同感です。師匠」と返す。お二人の信頼が感じられる場面でした。

 今回の現地審査にあたっては、これまで2回SC関係者の視察を経験したあとだったので、戦略的に上手くいったとおもいます。
 やはり、何度か経験するなかで、「うまく伝えることができなかったなぁ・・・」という点に改善を加えていくことで今回の審査に望めたのが、今回の評価につながったと思います。
 
 今回、20日から26日まで、ずっとお二人の通訳&アテンドとしてご一緒させていただきました。そのなかで、ずいぶんたくさんのことを学びました。単にSCについてだけでなく、お二人のお人柄だとか、SCに対する想いだとか・・・

 まだまだ修行中の私が、お二人とご一緒できて、まるで個人レッスンを受けたようなものでした。お二人も、私にいろんなことを伝えようとしているのが伝わってきました。

 今回の経験で、SC認証にむけた現地審査についてもどう対応すればいいのかが分かりました。C教授は、今度は、審査する側として連れて行ってくださるとおっしゃってくださったので、今から楽しみ!です。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック